お客様の声は宝物

  • HOME
  • お客様の声は宝物

【お客様の声は私たちの宝物です】

私たちは、お客様のことをよく知っているという点を事務所の強みと持ち味にしたい!と思っています。

私たちは、お客様満足度100%目指して日々取り組んでいます。そこで、御依頼が終了した際には、率直なご意見を伺うためお客様へ、私たちの取組評価をアンケート方式でお願いしています。

こちらのページには、公表に承諾を戴いたお客様のアンケートを掲載しています。一部ではございますが、あなたの御手続の実行援助者を選択する際の、参考にしていただければ幸いです。

文中、意図を変えず表現を加除した箇所および、具体的診断名や個人が特定できる名称などは伏せております。
あらかじめご了承くださいませ。

他の制度との兼ね合いに不安を感じたが、詳しい説明を受けて安心しました

他の制度との兼ね合いに不安を感じたが、詳しい説明を受けて安心しました

内臓の病気の治療を始めて3年、障害年金制度というものを友人に教わって知りました。当時他の制度で所得保障を受けていたので、そちらはどうなるのだろうかとか、手続するデメリットのようなものがあるのかなどわからないことだらけでした。友人の紹介で松原社労士に依頼することは決めましたが、仕事を頼む以上、認定されなくても費用はかかるのだろうかとか、いつもお金のことで不安でした。ただ、任せた仕事はスピーディかつ親切丁寧でした。審査の時間は長くかかった印象ですが、無事認定されました。

*ご懸念のあった認定されなかった時の費用について:成果報酬は、お客様の利益が実現した時だけのお支払いとしてご提案しています。したがって、認定されなかった場合の報酬のお支払いはありません。

周囲から無理じゃないかと言われましたが、認定されました。

周囲から無理じゃないかと言われましたが、認定されました。

仕事を退職したあとの暮らしに不安を感じ障害年金の請求を考えました。しかし周囲の人から、年金の手続は無理じゃないかと言わていました。とても不安でした。自宅最寄りの社会保険労務士に相談したところ、松原社労士を紹介されすぐに依頼しました。時間はかかりましたが、認定されてホッとしています。ただ、依頼した手続が完了したら終わりではなく、追加でアフターフォローがあればさらなる安心に繋がると思います。

*ご指摘のアフターフォローについて:手続完了後も弊所では、初回更新時のサポート及び社会保険に関するご相談を無料で対応いたしております。

病気にかかって仕事が出来なくなり、収入が絶たれました。

病気にかかって仕事が出来なくなり、収入が絶たれました。

病気にかかって仕事が出来なくなり、収入が絶たれました。けどまだ子供にお金がかかる。将来が不安でした。
障害年金のことを知り、制度や手続のことを前の職場の顧問だった社労士さんに尋ねたら、「障害年金に詳しい社労士が松江にいるよ」と、知らされ紹介されました。そしてそのまま依頼を申し込みました。
面倒な書類の作成、病院や年金事務所との行き来も全て対応してもらえて本当に助かりました。
松原社労士本人が「仕事が楽しい」と言ってるのが良いと思いました。

“受診状況等証明書”を該当の病院に依頼したところ、請求する病気の初診ではない日付と、因果関係のない診断名を書かれました。

“受診状況等証明書”を該当の病院に依頼したところ、請求する病気の初診ではない日付と、因果関係のない診断名を書かれました。

“受診状況等証明書”を該当の病院に依頼したところ、請求する病気の初診ではない日付と、因果関係のない診断名を書かれました。
色々調べて考えて、修正を依頼した方が良いと思って連絡をとったら断られてしまい、このままでは請求できないと困っていました。
ネットで障害年金のことを調べているときに、何度も松原社労士のブログに行き着きました。(受診状況等証明書でつまづいてしまったし、、、プロの方に頼もうか、、、)と悩んでいるとき、松原社労士のホームページに無料相談メールがあることを知り、勇気を出して、
思い切ってメールを送りました。するとホントスグに返事がありました。返事の中には、具体的な進め方の提案もありました。
遠方ではありましたが依頼を受けてくださるとのことでだったので、その日のうちに正式に依頼しました。
こちらは東北なので主にメールと郵便でのやりとりでした。文字コミニュケーションでしたが、こちらが準備する書類などの案内は、わかりやすい説明でした。メールで送った疑問にもとにかくスピーディに動いてもらえました。
診断書を送ったのは月末間際だったのですが、午前中に受け取った書類を午後には年金事務所に提出してくれました。
受診状況等証明書の内容について審査中に問合せが入ることもなく、申し立てたとおり認定され、年金証書が届きました。
感謝しています。

難しい申立書を自分で後悔することなく作成できるか不安でした。

難しい申立書を自分で後悔することなく作成できるか不安でした。

難しい申立書を自分で後悔することなく作成できるか不安でした。
また、うまく書けたと思って提出しても、出したあと(あの書き方で良かったのか?)と、毎日思い悩むのではないかと不安でした。

松原社労士に依頼したのは、ホームページがわかりやすいこと、ブログからにじみ出る松原社労士の人柄です。
正式に依頼をして書類を全部揃えてもらって、代筆で作成してもらった申立書も読みました。
そして、“自分が過去に障害で苦しんでいたこと、そして今も戦っていることを代弁してくれているんだ”と思えて、とても嬉しかったです。

また、診断書が月末の間際にもらえたのですが、とてもスピーディーに動いてくださり、そのおかげで早く結果を得ることができました。
なおかつ、請求書類の控えとして提供を受けた診断書や申立書のコピーの綴りに全てインデックスが貼り付けてありました。
書類をわかりやすくしてある細かな配慮も感じました。

「この先生なら信用できる」と思います。
本当にありがとうございました。

障害年金のことを年金事務所に相談したら、「申請しても無理」と言われてしまいました。

障害年金のことを年金事務所に相談したら、「申請しても無理」と言われてしまいました。

障害年金のことを年金事務所に相談したら、「申請しても無理」と言われてしまいました。本当にそうなのかよくわからず、困りました。

そこで、家族の勤務先を通じてお世話になっている税理士の先生に相談したら、詳しい人がいるということで松原社労士を紹介して頂きました。

あらためて松原社労士へ事情を伝えたところ、まず、身体の状態について詳しく、そして親身に話を聴いてもらえました。
病気を抱えた身体で今後生活していく、そのことがとにかく不安で、しかもわからないことだらけ。
そんな時だったので話を聞いてもらえただけでもとても助かりました。そして手続を全てお任せすることにしました。

ただし、社労士に託すとはいえ、お医者さんへの診断書希望は自分の口で伝えましょう、といったふうに、自分がやることもある、という説明がありました。
進め方のスケジュールを含めて最初にちゃんとそういうことを具体的に示してもらえたので、安心できました。

手続の結果、障害年金は1級に認定されました。もう過ぎたことですが、最初に相談した時の役所の説明は一体何だったのだろう、今更ながらこんなふうに思います。

クリニックの先生に松原社会保険労務士さんのことを教わって依頼しました。

クリニックの先生に松原社会保険労務士さんのことを教わって依頼しました。

今かかっている主治医の先生から障害年金のことを教わって手続を希望したのですが、最初にかかったクリニックの名称、所在地、連絡先がわからなくてとても困りました。それに、経過がやや長くて記憶が曖昧な部分もありどうしたらいいか悩みました。すると主治医の先生が、「この人に相談したらいい」と松原社会保険労務士さんの連絡先を教えてくださいました。早速事務所を訪ねましたが、最初の相談のときから緊張や混乱で固まってしまいました。そのせいで質問にされたことへの答えが意味不明だったかもしれませんが、一緒に尋ねた家族にも確認してもらって、いろんな尋ね方をしてもらって、とても安心できました。その後電話で段取りや今後のことを何度も尋ねましたが、ちゃんと教えてもらえてよかったです。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

怪我が元で病気になり6年。収入はなく治療費が生活を圧迫していました。

怪我が元で病気になり6年。収入はなく治療費が生活を圧迫していました。

怪我が元で病気になり6年。収入はなく治療費が生活を圧迫していました。身体が思うように動かなくてみじめでした。毎日が痛みとの戦い。将来に絶望する不安。そんなときはいつも娘に助けられました。障害年金は、娘が教えてくれました。そして3ヶ所の社労士へ相談。でも病名を告げると「対象外」とか、次の所は「後日電話する」と言っても連絡は来ず、最後は「たぶん無理。どうしても手続したければもっと悪くなってから考えたら。」と告げられました。みじめで寂しく、相談したことの後悔で涙が出ました。
でも諦めきれず友人に相談したら、松原社労士を紹介されました。
初めて松原さんに電話した時は(また断られるかも)と不安でした。でもそれはすぐ吹き飛びました。松原さんは私の身体を気遣ってくれて、遠方なのに自宅で話をしてくれました。そして力強く「やってみましょう」と言ってくれました。行動力に元気をもらって、私も負けずに頑張らないと、と思えました。
そして4ヶ月後年金証書が届きました。嬉しくてすぐ松原さんにお知らせしたら、一緒に喜んでくれましたね。ずっと不安で消極的だった私も、前向きな気持ちになれました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

諦めずに背中を押してくれたので、認定を受けることができました。

諦めずに背中を押してくれたので、認定を受けることができました。

治療のため仕事を休みがちになりました。そして入院と手術。自宅に戻ったあとも、毎月の高額な治療費で先の見えない日々を送り、障害年金制度をネットで知りました。でも、誰に依頼したら良いのかとか、依頼した場合の費用はいくらかかるのかなど、よくわかりませんでした。
それにネットで見ると夫の病状では(依頼してもムダかもしれない)とも思え、不安だらけでした。
毎日のようにインターネットで調べていると、何回も松原社労士のホームページに行き当たりました。(熱血感のある人だなぁ・・・この人なら大丈夫かも・・・)と思いながらも、実は決めかねていました。もう時間が経ったのでどこだったかは忘れましたが、松原社労士ではない別のところへ電話して「障害年金に詳しい労務士さんはどこでしょうか?」と訊ねました。すると松原社労士を紹介されました。「これは運命かも!」と、依頼を即決した感じです。
労務士さんには、近づきにくい、難しい、硬いセンセイというイメージを持っていましたが、年齢が近いこともあって、そんなことはありませんでした。とても気さくで、説明も専門用語を使わず、わかりやすかったです。また、いつも体調を気遣っていただきました。
一度請求しましたが、その時は認められませんでした。でも、最初の手続の結果が出るまでの間に病状が悪化して、仕事に出られる日数が減りました。新しい治療法を試すため大きな病院で検査を受けたりもしました。
そこで松原社労士が
「あきらめず再度請求されてみては?」と勧めてくれた言葉に背中を押されて再度請求し、依頼から一年半後に認定されました。
年金証書が届いた時には、本当に感謝感謝でした。
ありがとうございました。

運命の出会いから9ヶ月。諦めなくて良かった。

運命の出会いから9ヶ月。諦めなくて良かった。

依頼した頃は休職中で復帰のメドが立たない中、回復にもお金がかかるのでどうしたものか…困っていました。障害年金という制度を知っても、実際どうしていいかわからずまた困りました。一般には知られていない診断名を告げられているので、社労士さんに相談しても嫌な顔をされるのではないか?そもそも自分が障害年金の対象になるのか?相談すること自体おかしいことじゃないか…不安でいっぱいでした。
そんなある日松原社労士のホームページを見て、(熱意のある社労士さんがいるものだなぁ)と好印象を持ちました。その後、知人に身の上話を相談したところ障害年金に詳しいという社労士を紹介されましたら、なんとそれが松原社労士でした。「これは運命の出会いだ!」と感じ、相談させてもらいました。
思い返せば、初めて事務所で話を聞いてもらってから9ヶ月。長かったですねぇ。長かった分、年金証書が届いたときは本当に相談して良かった、挑戦して良かった、諦めなくて良かった、良い運も残ってるんだ、まだ見捨てられてないんだという喜びが大きかったです。
大袈裟かもしれませんが、本当に困っている時だったので涙・涙でした。一人では絶対にあきらめていたことでしょう。感謝感謝です。ありがとうございました。
特殊な病名だけに診断書を頼める医師が近くに居らず、医師探しから苦労しましたね。あらゆる経路から情報を仕入れてもらったりして…ホームページで感じた熱意は本物なのだと、関わりを持ってからあらためて感じました。
私は、社労士っていういわゆる「先生」と呼ばれる立場の人には、偉ぶっているイメージを持っていました。でも松原社労士は違いました。上から目線ではなく気さくで優しい。それも作った感じではなく、自然に何でも相談できるsoft感。プラス見事なフットワークと、ハキハキと丁寧で簡潔なわかりやすい説明。びっくりさせられる手際の良さのsharp感。最高です。
これからも頼りにさせてください。